秋田で注文住宅を建てたい方必見!理想のマイホームを叶えてくれる口コミで評判が高い人気の住宅メーカー5選を徹底比較しました。

【誰でもできる】注文住宅の費用を安くする4つの方法

公開日:2021/02/15

注文住宅を建てる際に「できるだけ費用をおさえて家を建てたい!」「費用を予算以内に収めたい!」と悩んでいませんか?マイホームを手に入れることは嬉しいことですが、できるだけ出費は減らしたいですよね。今回の記事では、簡単に注文住宅の費用を安くする4つの方法を紹介します。専門的な知識がなくてもできる方法なので参考にしてください。

注文住宅会社をしっかり比較して選ぶ

1つ目の注文住宅の費用を安くするための方法は、「注文住宅会社をしっかり比較して選ぶ」ことです。費用をおさえて高品質な注文住宅を建てる場合は、注文住宅会社選びが重要になります。「できるだけ費用をおさえたい」と相談したときに、快く応じてくれる会社を選ぶようにしましょう。しかし相見積もりで、一番安い金額を提示してきた会社に依頼した結果、低品質の家を建築されてしまう可能性もあるでしょう。そこで、信頼できる注文住宅会社のポイントを解説します。

一定の企業規模と実績がある

注文住宅を依頼する際には「会社の信頼性」が重要です。依頼を考えている注文住宅会社の公式サイトを見て、「設立年月日」「免許・登録」「認定資格」「代表者情報」「施工実績」など情報を確認しましょう。他に、施工事例が自分好みか、公式サイトから得られる会社の印象などからも判断してください。

担当者が信頼できる

担当者の信頼性も重要です。安い見積もりや値引きを提示しながら、無理に契約させようとする担当者や、細かい質問をしたときに、きちんと回答できない担当者だと信頼することは難しいでしょう。価格を値引きした内訳と見積書の内容を説明してくれる担当者なら安心です。

職人を雇用していると費用が安くなる

注文住宅会社が職人を雇用していると費用が安くなるようです。施工を依頼する際に、下請けにだすことなく大工や職人を雇用して自社で工事できる会社は、外注費を削減できるだけでなく、高品質な工事ができるので安心です。

アフターケアを明確にしている会社

アフターケアが明確かどうかを確認しましょう。注文住宅は建てるときだけでなく、建てた後のランニングコストやメンテナンス費用もかかってきます。一定期間の無料保証や定期点検、メンテンナンス保証などが設けられていると、建てた後の出費もおさえられるでしょう。近年では、保証期間は長くなる傾向にあり、短くて30年以上、長い場合には60年以上などとなっています。保証制度の内容は必ずチェックしましょう。

床面積を小さくする

2つ目の注文住宅の費用を安くするための方法は「床面積を小さくする」ことです。大きな家や部屋数の多い家では、建築費用は高くなる傾向にあります。また、大きな家にした場合は、高熱や将来のメンテナンス費用も高くなるでしょう。「床面積が減る=家が狭くなる」わけではありません。窓を大きくしたり、廊下をなくしたりすることで、部屋を広く見せる方法はあります

また、家は大きければよいというわけではありません。近年では子どもの成長やライフスタイルの変化によって、住みかえるケースも増えてきています。現在の家族に必要な家の広さや間取りだけでなく、将来のことも考えて適切なプランを立てましょう

総2階建ての家にする

3つ目の注文住宅の費用を安くするための方法は「総2階建てにする」ことです。中でも平面図では正方形に近く、1階と2階の床面積がほぼ同じの「総2階建て」を検討してみましょう。1階部分の面積が小さくなり、購入する土地の費用もおさえられます。また、建設するときの資材・作業工程も少なくなるようです。さらに、同じ延床面積であれば、平屋よりも2階建ての方が安くなります。3階建ての場合では、構造上の問題からさらにコストがかかってくるので、総2階建てがコストを削減できる構造体だといえるでしょう。

シンプルな箱型の家を建てる

4つ目の注文住宅の費用を安くするための方法は「凹凸のないシンプルな箱型の家を建てる」ことです。凹凸の多い家は同じ面積だとしても、作業工程や建材は増えてしまいます。例えば、複雑な形の家だと、外壁や屋根の形でも、設置作業や内部構造が複雑になりがちです。家造りでは、基礎構造にコストがかかることが一般的だとされています。これらの構造が複雑であればあるほど、コストがかかるので気をつけましょう。ただし、家の形は実際の暮らしを考える上で重要なことです。生活の質を上げるためには、コスト削減とのバランスを考慮して家の形を決めるようにしましょう。

 

今回は、注文住宅の費用を安くする4つの方法について解説しました。注文住宅を建てる際には「依頼する会社が信頼できるのかどうか」を比較して選ぶようにしましょう。たとえコストダウンできたとしても、悪質な業者では低品質な住宅になってしまうリスクがあります。そのため、メンテナンス費用がかかり、結果的に費用がかさんでしまうのです。

そして、間取りは「延床面積を小さくする」「総2階建てにする」「シンプルな構造体にする」などにすることで、費用をおさえられます。今回紹介した4つの方法は取り入れやすいことなので、注文住宅を建てる際に検討してくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【秋田】おすすめの注文住宅メーカー5選

【秋田】おすすめの注文住宅メーカー5選

イメージ
会社名ディーディーホームジェイウッドブルックプライムハウスアンサー
おすすめポイント設計士に直接相談!暮らしやすさにもこだわった家づくり自然素材にこだわった住むほどに愛着のわく家づくりインテリアを邪魔しないシンプルな家づくり豊富なプランが用意された「住み手発想」の規格住宅建物の仕様にこだわった世代を超えて愛される家づくり
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく